マグネットパワー

マグネットパワー

(公開: 2018年10月28日 (日)

流行に弱い人が最近は特に増えていますね。雑誌で紹介されたら直ぐに同じ物を買っています。そんなので個を光らせたりするのは至難の業です。でも、周りと同じのは嫌だなーって思った時は小さい事からやってみる!何でもいいんです。そう、例えばこの付箋とか。見た目は地味かもしれませんがオリジナル缶マグネット作成とか面白と思うんですよ。そんなものにお金を掛けてもと思うでしょうが、簡単に出来てお金が掛からないのがいいですし。案外可愛い物がおおくて女性に人気なんですよ。少しのアイディアにお金を足せばいくらだって違いなんで生み出すことが出来るんですね。

家のトイレのリフォームで起きたこと

家のトイレのリフォームで起きたこと

(公開: 2018年9月 6日 (木)

実家でトイレのリフォームをすることになりました。1階と2階のトイレを同時にリフォームするので、用を足すとき大丈夫なのかと心配になったのですが、そういうことにはならないように工事してくれました。音がうるさくなることはありましたが何日もかかる工事ではないのでそんなに気にならなかったです。ですがこのトイレのリフォーム、ひとつ問題が起きまして・・、1階と2階の便器をとりつけてほぼ完成というときに、それぞれの便器の大きさがちょっと違うことに気づきました。座ったときの高さがちょっと違うのです。こちらはそういう便器を注文した覚えはないし、気になるので業者さんに取り換えてほしいとお願いしました。業者さんはすぐに応じてくださり、無事に1階と2階ともに座り心地のいい便器が取りつけられました。どうしてこのようなミスが生じたのかわからないのですが、このていどのミスでこちらのクレームにすぐに応じてくれたので問題はないと思います。

敏感肌はクレンジングだって大変なんです

敏感肌はクレンジングだって大変なんです

(公開: 2018年5月 8日 (火)

肌のつやとかハリがあるだけで、若くみえますよね。反対にガサガサだったら水分量は少ないだろうし、老けて見えます。でも敏感肌だったら、決してケアをさぼっているからガサガサなわけじゃないんですよね。見た目だけで判断しないで欲しいと思うところです。何やっても肌が荒れてしまって、クレンジングするどころかメイクしちゃダメなときだってあるくらいですからね。健康な体、丈夫な肌、それだけで財産ですよね。肌が丈夫だったらお高い化粧品を使わなくていいだろうし、何かあったときに皮膚科に行かなくてもいいだろうし、食べるものや生活にも自由度が高かったんだろうなという気がします。もちろん規則正しい生活をするのは悪いことではないですけどね。


酔っぱらって帰って、メイクを落とさずに玄関で寝てたという生活に、ちょっと憧れがあったりします。大自然の中でマスクも帽子もせずに思い切り走り回りたいですよね。最近は大都会でBBQできる場所も増えて、逆にそれがお洒落で人気で助かっているという人も多いのではないでしょうか。ちょっと値段が張るのが難点ですが、色々準備すること、その後のケアを考えると、安いものです。インスタ映えに初めて感謝するかもしれません。

エイジングケア化粧品でも若返りできないこともある

エイジングケア化粧品でも若返りできないこともある

(公開: 2018年5月 8日 (火)

「子育てが一段落ついたから仕事を再開した」と言われる芸能人と「生活が苦しくなって仕事を再び始めた」と言われる芸能人の違いってなんでしょうね。芸能界に姿はなくても、聞こえてくる家庭の状況でしょうか。夫婦円満、夫の仕事も順調、妻の仕事に理解もある、と恵まれた状況だと、生活が苦しいわけじゃなく、自分が輝きたいからとか時間があるとか、趣味がてらとか充実感を求めるためと思ってくれます。でも結婚してセレブになったかと思ったのに、夫が浮気したとか会社が倒産したとか逮捕されたとか、頼みの綱がなくなった状況だと、...大変ですね、と思ってしまいますよね。


そして前者は見た目も若々しいままで、何不自由なく暮らしていたんだろうな、と想像できる状態なのに比べて、後者はお金もあったはずなのにやつれてしまっていて苦労がしのばれるというか、もっと前から本当は苦労していたのかも、と要らぬ想像までしてしまいます。ここまでくるとエイジングケア化粧品とか関係ないですよね。お金があっても窮屈だとしんどいし、どれだけ居心地のいい家庭を築けるかですよね。それは相手に求めるだけじゃなくて、相手にも居心地いいと思ってもらえなくちゃ意味ないんです。

学習塾を選ぶときに

学習塾を選ぶときに

(公開: 2018年1月12日 (金)

中学生の場合学習塾の選び方として集団か個別かというのはよくありますが、学習内容についても検討する必要があります。中高一貫校の内部進学を目指すのであれば、在校生が多く通っている塾や大学受験まで見据えて早いスタートが切れるコースを用意している塾を選ぶべきです。高校受験が必要な公立中に通っている場合、内申重視でテスト対策に全力を注ぐ塾と、国私立難関校狙いのより深く応用的な内容を扱う塾とでカリキュラムが天と地程違います。前者タイプの塾ですといざ難関校を目指そうとなった時にノウハウがなく転塾をせざるをえません。後者タイプがよいかというとそうも言い切れません。最難関校はテスト1発勝負の印象がありますが、内申を「参考程度」に見ているからです。どこまで重要なのかは完全に内部情報なので推測しか出来ないのが厄介です。どちらにせよ対策は早いうちからが望ましいのですが、学力が急に伸びる可能性のある中学生の選択肢を狭める危険もあり、ジレンマです。総合学習塾であれば最初は内申対策、成績が上がれば難関校コースへと推薦される仕組みを取っていることもあるので、そのような学習塾で様子を見るのも考慮に入れてはいかがでしょうか。

塾の選び方のコツってある?基準は何?


タンパク質と美容の関係

タンパク質と美容の関係

(公開: 2016年10月18日 (火)

ダイエット中に極端に肉類を控えることは大間違いです!タンパク質が不足すると筋肉量が低下したり、体の熱を作り出し辛くなり基礎代謝が低下します。タンパク質を減らす食事制限で体重の減量に成功しても、すぐにリバウンドしてしまいます。カロリーばかりを気にせずにダイエット中でも野菜と一緒に豆、豆腐、肉、魚などのタンパク質は毎日とるようにしましょう。

 

タンパク質は体の筋肉をつくるだけでなく、女性にとって大切な髪や爪の元にもなります。抜け毛が気になる方や、爪が欠けやすい方は、タンパク質が不足しているかもしれません。

女性の薄毛対策はこちら

肌のハリにもタンパク質が関係しています。肌に良いコラーゲンを構成しているタンパク質を摂取することで、肌のくすみも改善されていきます。

 

タンパク質を気軽に摂取できる食材としてナッツ類がオススメです。小腹が空いたら無塩のアーモンドなどをつまむようにしましょう。ツナ缶も長期保存でき、簡単な調理法でおいしく食べられるので一人暮らしの女性には嬉しい食材です。

 

タンパク質を意識して健康的で美しい体を目指しましょう!